マイタックル


 マイタックル(私の使用している釣具)の紹介をします。

 レビューを記載していますので、購入したい方の参考にしてください。

竿  竿は、シマノのアオリスタ500と、ダイワのバトルゲームアオリF51です。

 両方ともヤエン釣り専用竿ですので、感度は良く、先端はIMガイド搭載で気を付けて使えば、ライントラブルはほぼありません。

 ただ、インナーラインロッドのようにトラブルレスではありません。

 インナーラインロッドより、感度は高く、アジの泳ぎやヤエンが到達する前のアオリイカの違和感のある泳ぎなどが手元に伝わってきます!

 反発を抑えた調子で、アオリイカがアジを放しにくく、竿の胴からしっかり曲がります。
 アオリスタ500の方が先端が細く、柔らかいので私的には生きアジが弱りにくいように感じています。

 両方の竿とも、アオリイカの走りもロッドが吸収し、アオリイカへの違和感が少ない、とても良いロッドです!
リール



 ↑スプールはファイアブラッド2000Dに換えています。

↑ 音出しの動画です。

↑ アタリを知らせるLEDライトを装着。ミライトと輪ゴムのみで完成。格好悪いが、実用性は十分!
 リールは、レバーブレーキ式のシマノデスピナ(改)とエクスセンスLB(改)です。
 ヤエン専用ではありませんが、音出し改造して使用しています。

 以前は、バトルゲーム2000LBQDを使用していましたが、置き竿ではバッククラッシュしやすかったので、このLBリールを購入しました。

 デスピナもエクスセンスは、音出し改造しなくても、ゼロフケテンション搭載で、バッククラッシュしにくいです!

 レバーブレーキ式リールに慣れると、指先1本でラインの出す止めるが出来るので、アオリイカとのやり取りが非常に楽しいものとなります。
 値段は高めですが、シマノ製のゼロフケテンション搭載のLBリール(現行型デスピナなど)が、ヤエン釣りにはおススメです。

 詳しくは→ヤエンリールのページ
 
ライン

 ラインはナイロン製のサンライン製スクイッドスナイパー(2号)を巻いて、リーダーにフロロカーボンラインのサンラインのトルネード(2号)を直結して使用しています。

 ナイロンラインは発色が良く、浮力があるので、置き竿しても根がかりが少ないです。

 リーダーは根ズレに強いフロロが良く、竿2本分位の長さにし、ブラッドノットで直結しています。

 結束部分の余ったラインはギリギリで切断すれば、その部分でヤエンが止まることはないです。

最近では、道糸に0.8号のPEラインを使っています。
10mごとに色分けされているもの。
PEラインを使うと、ラインの扱いは少し難しくなりますが、感度が良くなります。
 
ヤエン  ヤエンは、自作ヤエンを主に使用しています。
 市販の物で、私が好きなのはシマノ製跳ね上がり式AR−Bローラーヤエン、ダイワ製バトルゲームOKヤエン、カツイチ製オカサンヤエンです。
 特に、シマノ製はアオリイカの取り込み率が良いですね。(ただ、値段が高いですが・・・) 
 針は、ヤエン専用のより戻し尾針を使用しており、主にあおりねっとショップで販売されている、20本入りのあおりねっと製がお得です。

黒色の尾針の方が、銀色の尾針よりアタリが多いように感じています。
 
オモリ  アジが深く潜らない場合は、カツイチ製潜水君というヤエン釣り専用のオモリを使用しています。
 重さはS、M、Lの3種類ありますので、泳がせたい深さにより使い分けます。
 オモリ5個入りで300円くらいしますので、結構高いです
 ヤエン専用は、カツイチ製しか販売されていいないようです。
 私の場合、Mサイズのみを使用しています。
竿置き  竿置きは、ダイワのヤエンスタンドです。
 疲れたときや置き竿で狙うときに重宝しています。

 写真のように使用しますが、超強風以外なら倒れることはなく、おススメです
 超強風の時は倒れます。

 約1年使用で金具部分に錆びが発生してきました
エアーポンプ  エアーポンプはナショナル製(現ハピソン)です。
 
世界のナショナルですので、長く(3年ほど)使用しても壊れていません。

 ただ、空気の出が悪くなりましたので、分解してきれいにすると、出が戻りました
 
生かしバッカン  生かしバッカンには、外気温の影響が受けにくいクーラーボックス(ダイワ製16リットル)を加工して使用しています。
 エアーポンプの穴を開け、水中ライトを装着しています 

 水中ライトはあおりねっとショップで購入した「漁火」という物です。
ギャフ  ギャフは、第一精工のオートキングギャフを使用していましたが、みなさんカツイチ製のギャフが取り込みやすいと言っていたので、それと同じ形状のギャフを自作しました。

 確かにオートキングギャフより楽にギャフ掛けが出来ます。
 この自作ギャフに普通のタモの柄を付けて使用しています。
イカシメ  イカシメには、シマノ製セフィアスライドイマシメを使用しています。
 刃の部分がスライドして持ち手部分に収納されますので、危険性が少ないです。
 ステンレス製でサビにも強く、良いイカシメだと思います
ヘッドライト  ヘッドライトは、 GENTOS(ジェントス) デルタピーク233(160ルーメン) です。 
 以前はパナソニック製のヘッドライトを使用していましたが、ジェントス製に買い替えました。
 明るさ160ルーメンなので、すごく明るいです、アジを泳がせているときに竿の穂先を照らすと、穂先の動きだけではなく、ラインまでどの方向に出ているか見えますので、夜間の釣りが快適になりました。
 このライトは良いです 
水汲みバケツ  水汲みバケツはダイワ製水汲みバッカンを使用しています。
 各メーカーから販売されていますが、バケツ上部が網になった物が使いやすいです。(生きアジを海水に沈めて保管するなど)
ライフジャケット  ライフジャケットは、あまり聞いたことのないメーカーのフローティングベストを使用しています。
 実際に海に落ちて使用したことはありませんが、視認性を考慮して赤色にしました。
 格安で購入したので、性能に少し不安がありますが、前部にポケットが4つ付いていますので、小物を入れるのに便利です。
サングラス  サングラスは、コールマン製の偏光グラスです。
 結婚式の引き出物(カタログギフト)として貰ったものです。
 価格の高いものと比較すると、見え方はよくありませんが、裸眼で海中を見るのとではぜんぜん見え方が違うので、愛用しています。
デジタル量り  近所の釣具屋で購入したデジタル量りです。

 かなり便利が良いです。

 ただ、防水仕様でないのがマイナスですねー。
 かなり、錆びが発生してきました
サビキ用竿とリール 小アジ(ゼンゴ)のサビキ釣り用の竿とリールです。
 竿は、防波堤でNO1(たぶん)の使用人口を誇るダイワ製リバティISOの2号です。全長4.5mなので、軽くて扱いやすいです。値段もお手頃で、良い竿です。
 リールはシマノ製エルフ3000です。まあこのリールは、特に良いというわけでもありませんが、サビキ釣りには十分なものと思います。
 リールはだいぶ傷入りましたので、スプールのラインが放出される部分を耐水ペーパーで磨いて、 ラインがスプールにひっかからないように修正しました。
 リールの扱いには注意です! 
サビキ仕掛け  サビキ仕掛けは、ハヤブサ製小アジ専科ケイムラスキンを主に使用しています。
 今まで、十数種類とサビキ仕掛けは使ってきましたが、このケイムラスキンは他のサビキ仕掛けよりも夜間においては一番釣れるように思います。(気のせいかもしれませんが)
 また、このケイムラスキンは他のメーカーのサビキ仕掛けより、小アジが掛かった際に針外れが少ないように思います。
 いまのところ、私の中では1番のサビキ仕掛けです。
 
 なお、日中は白色のサビキ仕掛けが良いです。
タックルボックス  ホームセンターで購入したプラスチック製タックルボックスです。
 ヤエン釣りで必要な針、オモリ、仕掛け、電池、ハサミなどを入れています。
ロッドケース  竿入れはシマノ製のロッドケースです。
 竿は裸で持って行くと、竿先を損傷したり、竿に傷が入ったりしますので、1個持っておくことをおすすめします。
 このロッドケースは、竿を入れる場所とは別にポケットが2箇所付いていますので、ギャフやビニール袋などを入れておくのに便利な造りになっています。
 一つ持って置くと、移動や整理が楽ですね。
背負子  地磯に行く機会も多いので、重宝しています。
 手や肩に掛けてクーラーやタックルボックスを持って、山道を歩くのは大変です。
 背負子があると、かなり楽です。
 背負子はAmazonで高評価だったTAKAMIYA(タカミヤ) アルミキャリア TG-4042を使っています。
 確かに、軽くて丈夫。
 本格的な山登りではないので、充分な背負子です。

ページトップへ

oitaaoriikayaen.web MENU

Copyright oitaaoriikayaen All Rights Reserved.
inserted by FC2 system