自作釣り道具

  


 このページでは、釣り道具を自作することにより、安価に、しかも便利良く使う方法を紹介しています。

 自作ヤエンについては、メニューの自作ヤエンのページを見てください。

@ 生かしバッカンの作成



まず、ホームセンター等(釣具屋でも販売)で、フタ付き角バケツ (1000円くらい)を購入します。私の角バケツは容量15リットルのものです。

 次に購入したバケツの本体とフタ部分にエアーポンプのホースが通るように切れ込みを↓のように入れます。


 これだけで完成!(ポンプのホースが本体とフタに挟まって圧迫されないようにしましょう)



A 竿置きの作成



 私の場合、先ほどの角バケツをさらに加工して、角バケツ側面に竿置きを作成しています。

 自作するメリットは、
   ○ 別に竿置きを持って行かなくていいので、荷物が減る
   ○ 海水を角バケツに入れれば、風が強くてもしっかり竿が固定できる
   ○ 専用品より、かなり安価である
など、いいことづくめです。ぜひ、自作に挑戦してみて下さい。難しくありません

 まず、材料ですが、
      ボルト2本(適当な大きさで良いですが、私はステンレス製の直径6mm×長さ20mmを使用)
      ワッシャー2個(大きめのものの方が力が分散されて良い)
      ゴムマグネット2枚(机に敷くゴムマットの方が良い、私は100円ショップで購入)
      水道を固定する器具(支持金具) 2個(ホームセンターに売っています)
      ビニールテープ適量(竿を傷つけないために使用)
を揃えればOKです。合計で、1000円くらいで購入できます。
 
 次に、角バケツを加工します。
 角バケツの左右1ヶ所ずつに、ドリル等で穴をあけます。(私の場合、ハンダゴテを熱し、溶かして、穴をあけました)



 穴を開けたら、水漏れがしないように表面を少しカッター等で削り、整えます。
 
 その次に、水道を固定する金具をペンチ等で曲げてビニールテープを巻き、ゴムマグネットを適当な大きさに切って穴を開け、角バケツに取り付けます。



 水漏れがしないようにしっかりと固定して、完成です。



※ 現在、ダイワ製のヤエンスタンドと自作生かしアジクーラーを使用しているため、物置に眠っています



B自作アジバッカン(クーラーボックスの改良)

生かしアジバケツ クーラーBOX改良型
クーラーボックスをアジバッカンにすることで、外気温の影響を気にしなくてもOKになります!
半日は海水の入れ替えをしなくても、生きアジが弱らないのでおすすめです。
私の場合、クーラーボックスはダイワのクールラインU(16リットル)を使用しています。
基本的に、アジ1匹に付き1リットルの海水が入るクーラーボックスが良いようです。私の場合は、16リットルに20匹位アジを入れていますが、ほとんど弱らないです。
あんまり容量の大きいクーラーボックスですと、運搬が重くて大変です!
ただ、駐車場に着いて、海水を大部分抜いて運び、釣り場(堤防や磯)で海水を補充すると楽に運べます。

 
↑吸盤(100円ショップ)、ボンド、ステンレスステー、ネジを購入します

 
↑空気穴とホースが通る部分に穴を開けます。

私の場合、ドリルを持ってないので、ハンダを使って開けました(--;)

↑ハンダを熱して、ジュっと穴を開けます。

 
↑穴を開け、ホースを通して、ボンドで水漏れを防ぎます(ゴムパッキンを入れた方が良いです)
吸盤を二箇所通して、ブクブクを固定します。


↑クーラーボックス側面部に、ステンレスステーを上のような形に曲げ、ネジで固定。その下にマジックテープを貼る。


↑エアーポンプ側にもマジックテープを貼る


↑クーラーボックスに固定する

 
↑ボックス内に水中ライトを取り付ける
※蓋をすると、ボックス内が真っ暗になり、アジが暴れて弱る原因となりますので、水中ライトやケミホタルを入れておくと良いです。

生かしアジバケツ クーラーBOX改良型
↑完成!

ホースとクーラーの継ぎ目には、ボンドだけではなく、ゴムパッキンを挟むことをオススメします。


C自作ギャフ





ずっと第一精工のオートキングギャフを使用してきましたが、取り込みの良さなら断然カツイチ製のギャフです!

購入すると、3000円弱しますので、自作してみました。
電動ドリルがないと、自作は厳しいです。(ボルトに穴を開けないといけない)

なお、1.6mmのステンレス棒と返しのない針を用意すればOKです。



D自作プロテインスキマー


自作感がアリアリですが、性能は良いです。
結構、ヤエン釣りでは流行っているので、私も載せてみました。

自作すれば、500円くらいで出来ます!

私の場合、100均の透明カップ、ホームセンターのエアコン接続用ダクトを2つ、黒のゴムパッキンを買いました。





 ↑上から見た写真

↑これがスキマーの仕組みです。
アジバッカン内のアジの汚れた海水にブクブクのストーンから出た泡の汚れが吸着してパイプを上に泡と一緒に登っていきます。
登った泡はカップの上部にたまって、さらに泡が下からどんどん出てきて、泡は排出口から外に排出されます。
海水は酸素を含み、カップの下部に空けた穴からアジバッカン内に戻る仕組みです。

確かに、アジバッカン内の汚れは除去出来ます!
アジバッカンの水換えが手間に思う方にはオススメです。


クーラー側に穴を空けて、排出穴を設置


上から見た写真

車内の移動では、ペットボトルを取り付けると車が汚れません。




                      
ページトップへ

oitaaoriikayaen.web MENU

Copyright oitaaoriikayaen All Rights Reserved.
inserted by FC2 system