Home私のヤエン釣法私のヤエン釣法@

ヤエン釣法(アオリイカの釣り方)



○ ページメニュー
 1  ヤエン釣りの魅力
 2  エサ(生きアジ)の確保
 3  釣り場での準備
 4  アジの投入
 5  アオリイカにアジを抱かせる
 6  アオリイカのアタリ
 7  アオリイカの寄せ、ヤエン投入
 8  あわせ
 9  取り込み
 10  ワンポイントアドバイス
 11  跳ね上がりヤエン釣法

@ ヤエン釣りの魅力

 アオリイカは一度食べ始めたアジに強い執着心を持ちます。この執着心をうまく利用してアオリイカを釣り上げるのがヤエン釣りです。

 エギングがブームとなっていますが、ここ数年ヤエン釣りの人気はすごいものがあります。和歌山県が発祥の地とされていますが、全国的に広がっており、これからさらに人気が出る釣りです。

 各メーカーからは、ヤエン釣り専用の竿やリールが販売され、ヤエンについても様々な形状のヤエンが販売されています。


 ヤエン釣りは、エギングやウキ釣りに比べ、アタリが多いのが特徴です。
 その理由は、エサのアジは尾っぽにラインを結ぶか、尾針1本を付けてアジを泳がせる訳で、自然にアジを泳がせることができるためです。
 ただ、アオリイカがアジを抱いて(アタリがある)食べ始めても、アジにイカを掛ける針が付いていないので、そのままひっぱってもアオリイカを釣り上げることはできません。
 
 エサのアジを抱いてから、アオリイカと釣り人とのやり取りが始まる訳ですが、「アオリイカが違和感を感じて、いつアジを放すか分からない」という緊張感がヤエン釣り1番の魅力です
 アジを抱いてから、ヤエンをアオリイカに掛け、ギャフで取り込むまでのアオリイカとの知恵比べが、たまらなくドキドキし、アオリイカを取り込めたときの喜びは格別です!!

 また、ヤエン釣りはアタリがあれば100%アオリイカを釣り上げれるものではありません。初心者なら1〜2割、中級者なら5割、達人レベルなら8割といった感じで、釣り人のレベルによって釣果が大きく左右される釣りですので、上達するために思考錯誤しながら釣るといった楽しみも大きいのがヤエン釣りです。

 そして、アオリイカにアジを放されることなく、ヤエンがアオリイカに掛かり、釣り上げたときの喜びは、他の釣り(エギングやウキ釣り)では味わうことのできない魅力的なものなのです。
 
 初めてヤエン釣りをする人が1杯でもアオリイカを釣り上げると、このヤエン釣りの魅力にハマッてしまうことは間違いないでしょう

 エギングをしている方にヤエン釣りは特にオススメです。
 なぜなら、エギングより経済的なのです。エギング上級者ならまだしも、エギングでは地球を釣る(根掛かり)ことが多々あると思います。しかも、春は、底を意識したエギングが主流になりますし、初めての釣り場なら海底の地形も分かりませんのでなおさらです。
 エギ1個約1000円しますから、ヤエンは経済的です。根掛かりしても、針1本(25円くらい)で済みますからね。
 また、アタリの数が全然違います(釣り上げられるかどうかは別にして)。
 いくら上手なエギンガーでもヤエン釣りよりアタリが多いことはまず考えられません。(小イカの多い、秋は負けるかも)
 ※ 疑似餌では「生きアジ」に敵わないのです

 なお、最後に紹介していますが、跳ね上がり式ヤエンを使用したヤエン釣りをすることで、捕獲率は格段に向上します

 
↑ オススメ 改良したシマノ製跳ね上がりヤエン




ページトップへ
Copyright oitaaoriikayaen All Rights Reserved.
inserted by FC2 system