Home私のヤエン釣法私のヤエン釣法G

G 合わせ


  ヤエンがアオリイカまで到達したら、合わせをいれます。
 前ページで紹介した方法で、ヤエンが到達したかどうか判断出来ますので、参考にして下さい。

 私の合わせの方法(3支点式のスタンダードなヤエン)を説明します。(最近はほとんど使用していません。)
 ヤエンがアオリイカに到達していると、ヤエンの第1支点がヤエンストッパーを超えている位置にあります。(下図参照)



 まず、レバードラグを中間くらいの位置(あまりドラグを強くすると合せたときに身切れが発生しますし、弱すぎるとヤエンの掛け針がアオリイカに深く刺さりません)まで右側に回し、ドラグのテンションを調整します。

 次に、張っているラインを一瞬(1〜2秒くらい)緩め、ヤエンを後退させます。
 あまり緩めすぎず、20cmから30cmくらい穂先をアオリイカ側に倒すだけでOKです。

 すると、ヤエンの第1支点がラインを滑って少し後退し、ヤエンストッパーの位置で止まり、自然とヤエンの掛け針部分が上方に跳ね上がってアオリイカの下側部分に針掛かりするのです。


 針掛かりしたら竿を大きくあおって、ヤエンをがっちりとアオリイカに掛けるのです。(この一瞬が1番ドキドキします)

 また、私の場合、一瞬ラインを緩める操作を2〜3度繰り返した(ラインを張る、緩める)後に合わせを入れるようにして、しっかりとアオリイカの下側に針掛かりするようにしています。
 ただ、この操作でアオリイカが走った場合は、ヤエンの針がイカに触れた場合ですので、間髪入れずに合わせます。合わせないと、針掛かりが浅く、アジを放して逃げてしまうことがあります。

 そして掛け針がアオリイカに掛かると、アオリイカは暴れてジェット噴射(走る)をして針から逃げようとします。

 また、合わせを入れる前に、ヤエンがアオリイカに到達して、寄せの操作でラインを緩めたときアオリイカにヤエンが自然と掛かっていることがありますが、このときもジェット噴射して逃げようとします。

 しかし、合わせを入れる前に「ジェット噴射したから、自然と寄せの操作でヤエンの針がアオリイカに掛かった」と考えてはいけません。
 
 それは、アオリイカがジェット噴射(走る)するのには、
  ○ ヤエンが到達し、掛け針がアオリイカに掛かって逃げようとする場合
  ○ ラインなどから違和感を感じた場合
  ○ 他のアオリイカ(他魚など)からアジを横取りされそうな場合
  ○ ヤエンがラインを滑ってアオリイカに近づいてきたことに、アオリイカが嫌がった場合
などが考えられます。

 したがって、ヤエン投入後、ヤエンを送り込んでいる途中にアオリイカがジェット噴射(走った)からすぐに合わせを入れるのではなく、ちゃんとヤエンがアオリイカまで到達したかどうかを確認して合わせを入れた方がアオリイカをバラす(逃がす)ことが少なくなると思います。
 ヤエン釣り達人の方は、「何mラインが出ていて、ラインの角度が何度くらいだから、いつごろヤエンが到達する」というのが、だいたい分かるらしく、ヤエンが到達したか確認しなくても合わせを入れられるそうです。沢山経験すれば、そうなるのかもしれませんね
 
 ※ 補足
 ラインを緩めたり張ったりして、ヤエンを跳ね上げさせる操作は、あえて緩めようとするとラインが緩まりすぎて海底から伸びている藻や障害物に根掛かりすることがあったり、竿の操作が雑になりがちですので、穂先がほんの少し(20cmとか30cmくらい)海側に倒すだけで良いと思います。
 そのくらい穂先を倒すだけで、ヤエンは少し後退して、ヤエンストッパーの位置で、十分跳ね上がります。



 ※参考

 跳ね上がり式ヤエン(シマノ製A−RBラインローラーヤエン跳ね上げ式など) の場合は、ヤエンが到達した時点で、針先が跳ね上がる仕組みですので、ラインを緩めることでヤエンストッパーにより跳ね上がらせる必要はありません(ヤエンストッパーは必要なし)。

 最近私はこの跳ね上がり式(自作)を使用したヤエン釣りしかしていません
 なぜなら、今までの経験上、跳ね上がり式ヤエンの方が、イカに針掛かりする確率が断然高いからです。
 統計を取ってはいませんが、普通の3支点ヤエンでは40パーセントくらいの取り込み率、跳ね上がり式ヤエンでは約70パーセント以上の取り込み率といった感じです


ページトップへ
Copyright oitaaoriikayaen All Rights Reserved.
inserted by FC2 system